起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)

起立性調節障害とは

起立性調節障害(OD : Orthostatic Dysregulation)とは、自律神経失調症の一種と考えられます。
小学校高学年から中学生、高校生など思春期前後に発症し、特に女子に多いとされています。
おもに、下記のような症状が現れます。

・朝に起きられない
・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・吐き気
・全身の倦怠感、だるい、疲れやすい
・夜に寝つけない
・食欲不振
・動悸、息切れ
・乗り物酔い
・気持ちが悪い
・腹痛
・気力がわかない、無気力
・イライラ感
・精神的不安感、不安障害

病院での診断、血液検査などで異常が見つからないのに、このような症状が起こる場合に、「起立性調節障害」と診断されます。

起立性調節障害を患っている子供は、朝はめまいや吐き気などが酷くて起きられず、夕方にかけて元気になってくる、という場合が多いようです。

そのため、学校を欠席することが増え、不登校や家に引きこもりがちになります。

当院の見解

めまい、吐き気などの症状は、年齢を問わず起こることがあります。

慢性的にめまいなどが続き、病院の検査で明確な原因がわからない場合は、

自律神経の乱れ

そして

・精神的ストレス
・体の歪み

が根本的な原因として考えられます。

当院では、そのような原因を取り除く施術で、起立性調節障害、めまい、吐き気などの改善をサポートさせて頂きます。

自律神経失調症でお悩みのあなたへ

コメントは受け付けていません。